生活していくうえで老化させたくないのは脳

真夏は食生活が乱れがちです。

真夏は食生活が乱れがち

生活していくうえで老化させたくないのは脳 真夏は食生活が乱れがちです。夏バテで食べる量が減るだけではありません。暑いのでアイスクリームをたくさん食べてしまうことが多いです。夏は何もしていなくても汗をかくので、アイスクリームを食べてもあまり太らないと思っている人も少なくありません。しかし、確実に太ってしまいます。しかし、太る以上に怖いことがあります。アイスクリームにはたくさんの砂糖が使われているわけですが、吸収が非常に早いです。固形の食材よりも急激に血糖値が上がるでしょう。さらに、砂糖の他にも牛乳や乳製品が使用されています。

牛乳や乳製品の摂りすぎは、老化の原因である炎症を引き起こします。砂糖と脂肪分が結びつくと、老化のスピードは一段と早くなると言うことを頭に入れておきましょう。アイスクリームは肥満のもとと言うだけでなく、老化を早める食べ物でもあると言うことです。暑いからと言って、アイスクリームばかり食べるのはやめましょう。しかし、どうしても食べたくなるときがあります。その場合は、生クリームなどの乳製品を使っていないものをチョイスしましょう。ジェラートやシャーベットがおすすめです。また、豆乳やハチミツや果物を使って、自分で作るのも良いでしょう。

Copyright (C)2019生活していくうえで老化させたくないのは脳.All rights reserved.